グローバル株式: バリュエーションが割高な環境下での「価値(バリュー)」の理解

投資リサーチ

インフレ期待が依然として低水準にとどまるなかで、金融緩和政策に下支えされてこの2~3年間に資産価格は上昇しました。そしてこの先もまだ株価上昇が続くと見る楽観的見通しが広がっています。しかし、そうした見通しとは逆の展開になる可能性を示す兆しがあり、マニュライフ・アセットのグローバル株式運用チームも同様の見方をしています。現在のこの状況を、当運用チームではバリュエーションが割高な環境と呼んでいますが、こうした状況下で投資を行うには、有益な投資機会を見出だすために、個別銘柄独自の「質(クオリティ)」に注目することが最も賢明な方法であると考えます。

リスクと手数料に関する説明は こちらをご覧ください

221
投資リサーチ