プライベート・アセット戦略

プライベート・アセット戦略

グローバル森林投資戦略

米国や豪州を中心に森林を取得し、木材の出荷を通じたインカム収益を確保するとともに、森林自体の価値増大を図ることで、中長期のリターンの最大化を目指します。

グローバル農地投資戦略

米国を中心に農地を取得し、主として農地賃貸に伴うリース料収入と農作物の出荷を通じたインカム収益の安定確保を主眼とするとともに、農地自体の価値増大も図ることで、中長期のリターンの最大化を目指します。

不動産投資戦略

商業用不動産物件への投資により、安定したインカム・リターンおよび長期的な物件価値上昇に伴うキャピタル・リターンを通じて、魅力的なトータル・リターンの獲得を目指します。

マニュライフ・ファイナンシャル・グループは、コア及びコアプラス不動産における80年以上の運用実績を有しており、グローバルベースで主要都市の商業用不動産物件への直接投資・運用・開発およびプロパティ・マネジメントを行っています。上流から下流まで垂直統合された不動産運用プラットフォームが特長です。 米国ではジョン・ハンコック・リアル・エステート、カナダおよびアジアではマニュライフ・リアル・エステートのブランド名で事業展開をしています。

+ 不動産へ投資する理由は?

プライベート・エクイティ&メザニン戦略

米国及びカナダにおいて成長の続く中規模企業の劣後性資本にフォーカスし、メザニン・デット、企業支配を目的としないエクイティ投資およびプライベート・エクイティ・ファンドへの投資を通じて、長期視点での魅力的なリターンを追求します。

マニュライフ・ファイナンシャル・グループのマニュライフ・キャピタル(カナダ)及びハンコック・キャピタル・マネジメント(米国)は、プライベート・エクイティ&メザニン運用において、20年以上の実績を有しています。

プライベート・エクイティ&メザニン運用チームは、幅広いセクターにおいて、各分野に精通した運用プロフェッショナルを擁しています。 運用プロフェッショナルの豊富な経験に加え、当社の長期的な投資視点により、「Trusted Partner(信頼できる投資家)」としての地位を築いています。

商業用不動産ローン戦略

投資適格級にフォーカスしたコア型運用で、地域・物件種別に分散を行いながら、魅力的なインカム・リターンの提供を目指しています。

商業用不動産ローンは、強固なクレジット・プロテクションおよびデフォルト実績の少なさが特長です。

マニュライフ・ファイナンシャル・グループは、レンディングおよびサービシング業務分野において70年以上の歴史があり、100名超の運用プロフェッショナルを擁します*。北米全域に14拠点を有することで、現地情報に精通した運用プロフェッショナルの知見と、現地での良好なリレーションシップにより、強固な案件フローを得ています。

* 運用プロフェッショナルは、origination、credit and surveillance、closing、post closing、special asset 、portfolio management チームを含みます。2017年12月31日現在

リスクと手数料に関する説明は こちらをご覧ください