株式戦略

日本株式

日本株式クオンツ・アクティブ(バリュー型)

独自の計量モデルを用いて個別銘柄の割安度合いを相対評価し、割安度合いとリスクのバランスを考慮したポートフォリオを構築することにより、中長期のアウトパフォーマンスを目指します。

グローバル株式

グローバル・クオリティ・セレクト

ファンダメンタルズ分析に基づく銘柄選択により、安定的にキャッシュフローを創出するクオリティの高い企業かつ、株価の下値余地が限定的で上値余地が大きい企業を選好します。

アジア株式

アジア太平洋小型株式

世界経済を牽引するアジア太平洋経済圏において、次なる“サムスン電子”や“ヒュンダイ自動車”になり得る成長企業の初期段階に投資し、高いリターンの獲得を目指します。

米国株式

米国大型株式コア

徹底したファンダメンタル分析および4つのシナリオに基づく株価評価により、競争優位性が高く、安定的にキャッシュフローを創出するクオリティの高い企業を「適切な価格」で購入し、超過収益獲得を目指します(ベンチマークはS&P500もしくはラッセル1000です)。

※当戦略担当チームが同じ哲学・アプローチに基づき運用するバリュー戦略(ベンチマーク:ラッセル1000バリュー)もございます。